デザイン観測

デザインもの(乗り物関係が多くなるのかなぁ)について書いたり描いたりして自分なりに理解していく備忘録的な感じです。絵は15分以内で描くのをゆるいルールにしてます。あ、面白ハンコ屋さんの中の人です。http://www.hankopla.net

ロータス・エリーゼ【僕の理想のガレージにはいつも入れたい一台。なのだけど。】

「理想のガレージに入れたい三台のクルマ」っていうのを時々考えるのだけど、その中に昔から必ず入ってくるのがこのロータスエリーゼです。他の二台はけっこう変動するのだけどこのクルマは何だか僕に刺さるみたいで、いつも最初にリストアップしちゃうんですね。

まぁ「ロータス」に僕には特別な印象があって、そのせいで余計に気になっちゃうっていうのもあるのだけど、現代の自動車ビジネスでは「スポーツカー=高性能車=高級車」っていう流れがどんどん主流になってきて、大きなエンジンに快適装備とか色んな制御とかをじゃんじゃん付けて、大きくてイバりの効くカタチをしたのが多数派になっているような気がする一方で、ロータスは(カタチにイカつい要素が増えてきたとはいえ)小さくて軽くてシンプルっていう昔からの社是というか掟というかそういうのを守っている感じがするワケなんです。多分そういうトコが世の乗り物好きに刺さるんじゃないかなぁ。

そんなロータス吉利汽車っていう中国の資本が入って何度目かの経営のテコ入れが行われるのだけど、これまでの乗り物好きの人が好きなロータスの要素は多分どんどん薄まってくるような気がします。

っていうのも事業として捉えると、そういうロータスらしさを良しとする顧客ってどうしてもマスが小さくて、これからの市場で伝わりにくい「良さ」になるような気がするのと、プレミアムブランドとして展開するにはやっぱり大きなエンジンとか快適装備のあれこれを網羅して利益率の高い商品として展開するみたいな流れにしたいと経営側は考えると思うんですね。

よっぽど成熟した市場でないと、価値って「あれこれ付いている」とか「数値的に分りやすく大きい」とかを指標にして計られるトコが多いような気もするし。

なので、今のエリーゼが僕が欲しがりそうな最後のエリーゼになりそうな予感がするので、さっそく注文したいと思うのだけど、いたいけなハンコ屋さんなので、まだしばらくはムリかも。

それまでどうにかこのまま残っていて欲しいなぁ。

f:id:mitosuzukita:20170718164032j:plain

※引き続きハンコプラネット一周年記念として、このブログに描いたスケッチの原画のプレゼントキャンペーンをやっています。もちろん↑この絵も対象です。

詳しくはこちらにザックリとまとめてありますので、もし興味があれば見てみて下さいね。

http://www.hankopla.net/c-fpage?fp=1ssyuunen

峯田和伸のビジュアル的な解釈【屈折率ゼロの存在感だと思う】

NHKの朝ドラ『ひよっこ』で「ムネオおじさん」役を好演中のこの人は、声にやたらとバンド感があるなぁと思ったら銀杏BOYZの人だったんですね。

僕は一瞬、未知の新しい俳優さんの登場かと思いましたが、そもそもこの人が役者さんをやっていたのを知らなかったので、そういう意味では初めて見る役者さんではあったわけですね。

それにしても今回の役はホントにすごくいい役で、きっと羨ましがっている役者さんも結構いるんじゃないかとすら思うのだけど、この人ほど「屈折率の少なさ」を表現できる俳優はちょっと思いつかないかも。

現代ってこう、なんていうか「どうせダメ」だとか「結局元のモクアミ」みたいな風に何となく先が読めちゃったり、考えたり行動する以前にパターンとして「ムリに決まっている」みたいなのを感じる場面が増えてきているような気がするので、昔の人より少しずつデフォルトの屈折率が増えているような気がするのだけど、今回のこの人のこの役ではそういうのをまるっきり感じないんですよね。

これを、技術として持っているなら大変な役者さんだと思うし、そもそもそういう人だというなら、この人は相当モテるに違いないと僕はニラんでいます。

特に美人の才女にモテそうな気がします。

f:id:mitosuzukita:20170712133020j:plain

※引き続きハンコプラネット一周年記念として、このブログに描いたスケッチの原画のプレゼントキャンペーンをやっています。もちろん↑この絵も対象です。

詳しくはこちらにザックリとまとめてありますので、もし興味があれば見てみて下さいね。

http://www.hankopla.net/c-fpage?fp=1ssyuunen

UFOと鴨【今週の新作】

久しぶりに新作ハンコをアップしました。

■UFOのハンコ

www.hankopla.net

■鴨のハンコ

www.hankopla.net

引き続き開店一周年記念キャンペーンとして、このブログに描いたスケッチの原画プレゼントを行っております。詳しくはこちらです。

一周年記念キャンペーン|ハンコプラネット

なんだか久しぶりにハンコ屋さんのネタをここに書くと、ちょっと悪い事をしているような感覚っていうんでしょうか、どことなく申し訳ない感がありますが、これは僕のライフワークでもありますので、どうか大目に見て下さいね。

トータス松本のビジュアル的な解釈【羨ましいくらいのいい声】

言わずと知れたウルフルズのヴォーカルですが、もし自分の声を選べるなら僕はこの人の声になりたいと思っています。

なんかこう、太くて良く通るいい声でしょ。しかも高音域までそのまま出せちゃうので、正にロックバンドで歌うのにピッタリな声だと思うんですね。

最近はこういう声の持ち主が意外と少なくなってきたような気もするので、聴くとなんだかホッとするというか、僕にはピンとくるわけなんです。

あと、こういう声の人って意外とノドが弱くて、CDで聴くとサイコーなのにライヴだと途中で声がタレちゃって高音が出なくなっちゃったりする人もいたりするのだけど、この人は全然平気で最後までバシっと歌い切るのがすごいというか、多分、驚異的にノドが強いんじゃないかな。

ヴォーカリストって生身でバンドと対峙していかなくてはならないし、どうしてもフロントマンとして前に出なくてはいけないので想像以上に大変な役割だと思うのだけど、この人にはそれをしっかりとこなす地力があるというか、歌うべくして歌っているタイプなんだと思います。

つうか、この声は歌わないともったいないというか、歌うための声だと思うし。 

f:id:mitosuzukita:20170627194113j:plain

※引き続きハンコプラネット一周年記念として、このブログに描いたスケッチの原画プレゼントキャンペーンをやっています。詳しくはこちらにザックリとまとめてありますので、もし興味があれば見てみて下さいね。

http://www.hankopla.net/c-fpage?fp=1ssyuunen

 

ハンコプラネット一周年キャンペーン【予算がないのでここのスケッチをプレゼント】

実は僕の本業というかライフワークは面白ハンコ屋さんの「ハンコプラネット」の中の人なんですが、そこがこの度、開店一周年を迎えまして、それも一重に面白がっていただいた皆さん(僕は勝手にハンプラファミリーと呼んでいる)のおかげです。

そこで、この機会に日頃のご愛顧に感謝して何かキャンペーン的な事をしたいと思うのですが全く予算編成ができないので、このブログに毎週描いていたスケッチの原画(およそ120枚くらいあった)を、ハンコをご注文していただいた際に同封してプレゼントする事を思いつきました。

 最初はハンコをご注文いただいた方に勝手に同封しちゃう方式にしようかと一瞬思ったのですが、それだと浅田真央が好きな人の所に舛添要一が届いちゃったりする惨事が巻き起こったり、そもそもスケッチとかいらない方にはご迷惑だと気づきまして、もし欲しい方が居たら好きな絵を選んでいただいて、それを同封させていただく方式にしてみました。

詳しくはこちらにザックリと、まとめてありますので、もし気になる場合は見てみて下さいね。

http://www.hankopla.net/c-fpage?fp=1ssyuunen

果たして喜んで下さる方がいるのかどうかは分りませんが、気は心ということで。

どうかこのブログ共々、これからもよろしくお願いいたします。

f:id:mitosuzukita:20170620195010j:plain