デザイン観測

デザインもの(乗り物関係が多くなるのかなぁ)について書いたり描いたりして自分なりに理解していく備忘録的な感じです。絵は15分以内で描くのをゆるいルールにしてます。あ、面白ハンコ屋さんの中の人です。http://www.hankopla.net

安藤さくらのビジュアル的な解釈【朝ドラ用の変換アプリが起動していた事に気付かされた】

実は僕はこの人をキチンと認識したのがドラマ『ゆとりですがなにか』あたりからなので、だいぶ最近知ったクチなわけですが、このドラマでのこの人はホントに好演していて「すごく上手な女優さんだったんだなぁ」と、とても驚いたのをかなり鮮明に覚えています。

その後も、評価の高い映画で色んな役を演じて、着々と実力派女優になっていて演技力ではおそらく相当信頼されているポジションに居るんじゃないかと思います。

今、やっているNHKの朝ドラ『まんぷく』ではヒロインの「ふくちゃん」を演じていますが、これももう、もの凄く上手で感心したというか恐れ入ったという感じで毎日観ています。ストーリーが面白いっていうのももちろんなのだけど、なんかこうとにかく「安心して観ていられる感」がすごいって感じがするんですね。

元々NHKの朝ドラって若手女優のプロモーションの場としての機能があったような気がするのだけど、それゆえに演技に不安というかスリルというか、そういう微妙な気配が見え隠れする瞬間があって、それを初々しさと変換して観る作法みたいなのがあったと思うのだけど、今回の「まんぷく」では中心となるこの人自身の性能が高いせいか、そういう労力なしで話にだけ没入できるクオリティ感を感じるわけです。

つうか、正確にいえば、朝ドラでこの人を観る事で今まで脳内のバックグラウンドで朝ドラ用の変換アプリが起動していた事に気が付いたって感じでしょうか。

そういう意味では、かなりエポックメイキングな女優さんでありキャスティングだなぁと思うのだけど、そもそもこの人は、なんでもハマり役にできちゃう素地があったので、この人の演技の力に安心して乗っかってストーリーの中にいざなってもらえばいいんだなと思うというか、そういうチカラのある希有な女優さんなんだなぁと、あらためて思いましたよ。

 

あ、それと地震とか引越しとかでお休みしておりました僕のライフワークのハンコ屋さん(そういえば「まんぷく」でも一時ハンコ屋さんをやってたな)ハンコプラネットが、ようやく再開できました。もう、とにかくやる気が大変なことになっていますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ご心配いただいた皆さん、どうもありがとうございます。

f:id:mitosuzukita:20181110170232j:plain

ホンダ・N-VAN【こういうのこそホンダが手掛ける意義は大きい】

今年はどうやらクルマの当たり年みたいで「これはニクいなぁ」と思うヤツが色々出ましたね。

コレもその一台で、実際の使われ方をキチンと考え直した上で使いやすさとか気分の良さとかを、とてもうまくまとめて提案していると思いました。

軽自動車のバンって働くクルマの一番小さいカテゴリーで色んなシーンで、なんていうかこう「カジュアル」に使い倒される事が多いのだけど、それゆえに意外と真面目に考えてもらえなかったトコがあったとような気がします。

要は「いや、冷静に考えたら、こうの方がいいんじゃね?」とか「あれ?なんでコレって、こうなんだっけ?」とか突っ込めるポイントがたくさんあったと思うんですね。

でもそこには「いや。それは昔からそうなってるから」とか「自家用車として家族で乗ったりするワケじゃないから」とか「とにかく安くて広ければいいから」みたいな、なかば諦めとか無関心みたいなのが作る側にも使う側にもあった感じがするわけです。

でも、ホントは仕事で使う場面が多いほど効率とか使いやすさとか気分がいいとかって要素が大事だと思うっつうか、クルマであり道具であり職場環境であるとなれば余計に乗る人の事を考えるべきだと思うわけなんです。

そういう事をちゃんと考えることで「仕事の質」だって上がるかもしれないし、そういう積み重ねはジワジワとかも知れないけど世の中を良くする方向に作用するんじゃないかと思うんですね。

あと、なによりコレはバイクが積めるでしょ。噂ではCB1300だっていけるって事なので、レースとかレジャーで使うようなもっと小さなモデルなら大抵載せられるわけで、趣味的にバイクとか自転車とかを使うライフスタイルにとても寄り添った作りになっているでしょ。実はそこが一番素晴らしいっていうか、こういうのこそホンダが手掛ける意義が大きいと思うわけなんです。

よくできた貨物車は趣味のためのトランスポーターとしても有能なわけで、そこには積載性とか利便性を追求した上で気分の良さみたいなのも同じくらい大事だと思うのだけど、それがとてもうまくまとめられていると思いました。

f:id:mitosuzukita:20181020172039j:plain

『カメラを止めるな』の最遅感想【才能と熱量に感服した】

この間、つうかホントは8月に映画『カメラを止めるな』を観たわけなんですが、その後あれこれ慌ただしくて、ここに載せられずに時間が経っちゃってタイミング的にはすっかり遅い感じなっちゃいましたが、ホントに噂通りとても面白かったです。アイデアとか熱意とか、そういうあれこれを映像にまとめる才能とか、あと何より「映画をつくるのが好きだ」っていう心意気みたいなのをうんと感じました。

何かをつくるのって、ある種の人たちにとってとても楽しいことで、それってハタから見るとメンドくさかったり大変だったりすることでも嬉々として取り組めちゃう「楽しさが勝っちゃう心」が原動力になっていたりすると思うのだけど、そんな「それをするのに向いている人」が色んなモノづくりの現場に混じっていて、制作とか開発を支えているんだと思うんですね。

で、次に課題となるのが、つくったモノが世間に喜ばれるかるかどうかになると思うのだけど、そこは社会の流れとか世の中の気分とか、あとやっぱり時の運とかを感じ取れる冷静さとかサジ加減とかバランス感覚みたいなものが大事なんじゃないかと思います。

もちろん、自分が作りたいものと世の中が欲しいものがピッタリ合致していたら、それが理想的だけれど必ずしもそうはならないというか、そうじゃない場合が基本になるとしたら、何を重視するかとか、どう両立するかとか、あと、やっぱりどうあきらめるかみたいな取捨選択的な悩みがたくさん発生すると思うのだけど、そんなあれこれに対処する場面のあちこちに悲喜こもごもがあったりするような気がします。

そういう意味では、この「カメラを止めるな」はヒットを狙って商品企画的に撮ったというより、まだ有名じゃない人たちが低予算で、そういう悲喜こもごもに対して熱意を持ってなんとか対処する姿を描いた映画としてリアルに刺さるみたいなとトコがポイントで、むしろ潤沢な予算編成で制作されなかったからこそ伝わったんじゃないかと思います。

そんな背景もあってか、僕の狭い情報網に届く評判の中に「刺激を受けた」とか「おれも頑張ろうと思った」とかっていうのが一定数あったような気がするのだけど、実際に観てみると、すごく面白い映画でドキドキしたり大笑いしたりした一方で、そういう意表のつき方とかアイデアとかにすっかりやられて、映画の観客としてはめちゃくちゃ楽しめたけど「同じクリエーター目線」みたいに処理するのはムリだったなぁ。

むしろ才能と熱量に感服したっていうのが正直な感想です。

あ、それと「こういう内容だから面白い」ではなく「とにかく面白い」的に大事なとこをちゃんとボカして取り扱うモラルのある人たちが初期にザワザワしてくれたのも実は大きいような気がします。

時々出くわすことがあるのだけど「知ってっか?あれは今すげーんだぞ、何しろアレがこうでコレがこうなっててて、しかも裏にはこういう仕掛けがあってだな…」みたいに「自分が知っているコト」を見せびらかすタイプが初期に大量発生していたら、この映画はものすごく台無しな感じだったと思うのだけど、その辺をきちんと考慮して「あれは超面白いから見た方がいいよ」的な気運を作ってもらえたのがホントに良かったんじゃないですかね。

その結果、なんかこう「作るのが好きな人たちの映画が、観るのが好きな人たちにキチンと届いた」って感じ自体が美しいみたいな風に思いました。

f:id:mitosuzukita:20181008152534j:plain

 

大坂なおみのビジュアル的な解釈【とにかくパっとした新型のヒロインだと思う】

この間の地震ではウチも結構揺れまして、その後の停電とか断水をなんとか乗り越えて、今は(時々余震はあるもの)何とか無事に過ごしています。物流の乱れなんかもあったので現在はライフワークのハンコ屋さん「ハンコプラネットhttp://www.hankopla.net/」は一時お休みさせてもらってますが、とりあえず元気です。

というわけで、このブログ開設以来、前例のない放ったらかし具合はそんな事情だったんです。

書きたいネタとか書きかけのネタは結構あったんですが、なんかタイミングを逃しちゃった感じもあるので、その辺はとりあえず放っておいて、何かまた書いたり描いたりしながら徐々に復旧していこうと思っています。

心配してくれた皆さんどうもありがとうございます。

で、そういうタイミングで何を描こうか考えたわけですが、こういう時はやっぱりパッとした感じの人物が元気そうでいいなぁということで、この人にしました。もう、すごいでしょ人気が。

元々、テニスどころかスポーツを観戦する属性が僕にはないのだけど、それでも知っているというのは相当な人気の証拠なんだと思います。

テニスを全然知らない僕でさえ「豪速球のサーブを打つ」とか「最近、メンタルが安定してきた」とか「コーチが素敵」とかを知っているというのは報じられるニュースの総量がそもそも多いっていうのはあるけど、多分僕自身も潜在的に興味があるというかパッとした話を求めているんだと思うんですね。なんかそんな風に、この人の活躍を楽しみにしている人って結構多いような気がします。

競技そのものとか背景情報とか以前に「活躍してくれるとなんか嬉しい」とかってのが実は誰かを応援するっていうことの原動力なんだなぁと再認識したというか、そういう風に応援する人が一定数を超えて増えることがヒーローとかヒロインの発生要件なんじゃないかと、あらためて思いました。

で、そんな僕にとって、この人の魅力の本質は、インタビューとかの問いに対する答えが想定以上の「まっとう」さで、自分の底の浅さとかズルさを洗い流してくれるような気がするトコなのだけど、そういう感覚の人って意外と多いような気がします。

なんか強さも弱さも合わせ持った上で「善」の要素を自分のスタイルで体現しているとこがこの人の存在感なんじゃないかな。いや、あまりにもテニスを知らなすぎて自信はないのだけど。

 

ところで、以前ここに載せようと思って映画「カメラを止めるな」のネタを書きかけているのだけど、それはもうタイミング的には遅いですよね?

f:id:mitosuzukita:20180929150541j:plain

広瀬アリスのビジュアル的な解釈【喜怒哀楽のレンジが広い】

先日、滝藤賢一さんを描いたので、同じ『探偵が早すぎる』つながりで、そりゃやっぱりこの人も描いちゃうわけです。

NHKの朝ドラ『わろてんか』でびっくりするほど好演していたと思ったら、今回の『探偵が早すぎる』では5兆円(!)を相続したことで次々と妙な方法で命を狙われるヒロインに見事にハマっていて、この人はもうコメディエンヌとしての立ち位置を確立した感じじゃないでしょうか。

美人であることに全く異論はないのだけど、これまでのコメディをこなす主役級の女優さんって「優しいそう」とか「可愛らしい」とか、なんかこう「とっつきやすそうな犬系」の美人が担当するのが基本だった気がするのだけど、この人はどこか「キツそう」とか「芯が強い」とかみたいな「ソリッドな猫系」のタイプな感じがして、そういう意味で新しいタイプのポジションを作ったような気がします。

こういう存在感の人って意外と居なかったというか、古い慣習としてクールな美人はシリアスな役を担当する的な不文律が結構色濃くあったような気がするのだけど、この人は「喜怒哀楽のレンジが広い美人は面白い」というのを体現しているような気がします。

多分、観る人たちもそういう予定調和的なキャスティングとか芝居だと、もひとつリアル感が足りないというかパンチに欠ける風に感じる傾向が出てきているのかもしれませんよね。もしかすると。

そんなわけで、この人は、これからどんどん独特でユニークな女優さんになったりするような予感がするわけなんです。

なんかこう、いい感じにリアルでしょこの人。

f:id:mitosuzukita:20180816153019j:plain