デザイン観測

デザインもの(乗り物関係が多くなるのかなぁ)について書いたり描いたりして自分なりに理解していく備忘録的な感じです。絵は15分以内で描くのをゆるいルールにしてます。あ、面白ハンコ屋さんの中の人です。http://www.hankopla.net

中村倫也のビジュアル的な解釈【男子のみんなはマネしちゃダメだぜ】

しばらくブログを更新していなかったのには、圧倒的な理由がありまして、こういう仲間をウチに迎えたからなんです。

f:id:mitosuzukita:20190817110208j:plain

保護猫譲渡会からやってきました「小鉄/こてつ」です。

この小鉄の世話というか交流する時間が必要で、あれこれブンなげていたわけですが、ようやく少し正気に戻ってボチボチ再開していこうか、どうしようかという段階にきました。とりあえず天気もイマイチで小鉄が昼寝を始めたので軽くリハビリ的に描いてみようと思います。

 

 で、今期のドラマでは圧倒的に「凪のお暇」が気に入っています。

主演の黒木華さんに僕が弱いのも、もちろんあるのだけど、これまでのテレビドラマとちょっと違う内容っていうんでしょうか、要は男女のあれこれを描くというより、現代のあれこれを描いている感じで僕は結構「ハっ!」っとさせられるトコが色々あるわけなんです。

ドラマとかの場合、多分むかしは「現代とは消費するもの」っていう感じだった気がするというか時代の気分自体がそういう気配だった気がするのだけど、今は「現代とはもがくもの」とか「めんどくさいもの」っていう要素が深まっていて、それを描く事に軸足を置いた話なんじゃないかと僕はニラんでいるわけなんです。

要は「社会との付き合い方とか他人との間合いの取り方って、みんなバラバラでそういうのって、やっかい事の種だよね」ってことを凪の目線で描いているっていうのかな、そういう微妙な機微みたいなのってテレビドラマで観せるのって中々高度なヤツな気がするわけです。

そういう意味では主演の黒木華さんは、それはもう抜群にハマっているし、他の出演者も実力者揃いで、中でも安良城ゴン役のこの人は「天性の人たらし」としての存在感がものすごい事になっていると思います。

元々、人気の俳優さんだけど今回の役で更にファンを拡大しちゃうと思うし、やっぱりすごく上手な役者さんなんだなぁと確信しました。

アンニュイで優しくて、相手が望む事だけ応えるのだけど、それが悪意のない毒になるっていうのは、これまでのドラマにはあまり登場しないキャラクターだと思うのだけど、これはもう、この人しかできない役といっていいんじゃないかな。

とにかく、これはもうモテる要素満載だと思うもん。

ただ、あれだよ細身のハンサムじゃないと、このアンニュイ感が出ないからね。うかつにマネしようとすると疲れているおとなしい人の域を出られないからね。男子のみんなは気をつけようぜ。

f:id:mitosuzukita:20190817110614j:plain

 

EXITのビジュアル的な解釈【新しい新しさ】

この人達を初めて観たのは「ゴッドタン」の「この若手知ってんのか?」企画だったと思うのだけど、それって確か去年の話だったと思うので、ものすごい勢いで売れてきている感じだと思います。

ネタも、もちろんとても面白いと思うしトークのやり取りにも独特の空気感があって、なんかこう「新しい新しさ」みたいなのを感じるコンビだと思うっていうんでしょうか。

漫才コンビって、なんとなく新人でも「新しい古さ」みたいなスタイルが基本だったような気がするのだけど、この人達は、それとは違う印象があるっていうんでしょうか、あ、それって特に「チャラい感じ」とか「パリピ感」みたいな事ではなくて、この二人の関係性が、いわゆる「ボケとツッコミ」とは違って「最終的に否定して落とす」みたいなのを使ずに、この二人の世界だけで解決して行く落ち着き先と、その展開が面白いっていうスタイルな気がするわけなんです。

あと、そのやり取りが平和で優しくて可愛げがあるっていうのがポイントで、そういうスタイルを構成する上でチャラい気配ってとてもマッチするんだなぁと、この人達が示してくれないと気付かなかったってことでもあったと僕は思っています。

それと、トークのやり取りではそういうルックスなのに、とても善良でポジティブな正体が見え隠れする二面性みたいなのが画面に伝わるのと、他の芸人さん達からそういうトコを引き出してもらえる「愛され力」みたいなのを持っている感じが、すごいなぁと思うわけですが、そういうのって練習して身につけるのは難しいやつだと思うので、きっと元々の素養のような気がします。

あ、多分そういうキャラクターが二人揃って漫才をやるってとこが「新しい感じ」の土台になってるんじゃないかな。

f:id:mitosuzukita:20190707151504j:plain

 

荒川良々のビジュアル的な解釈【“善”も“悪”も“得体の知れない”も全部いける】

今日、最終回のドラマ「俺のスカート、どこ行った?」は今期数少なかったキチンと観ていたドラマでした。

主演の古田新太さんが好演していたと思うしストーリーがサクサク進んで、とても観やすいドラマに仕上がっていたような気がしています。

他の出演者も僕の好きな役者さんが多くて、中でも生物の教師役のこの人はやっぱり、どうしても目で追っちゃうわけなんですが、なんかこう、この人が出ている場面は「面白さが発生する確信を持てる」のと「何か大事な事をいいそうな気がする」のと「と見せかけて何も起こらない」みたいな安心感と緊張感と違和感が同時に流れ込むっていうんでしょうか、なんかそういう独特な磁場を持った俳優さんだと思います。

そんな具合に観る人に同時に複数の感覚を持たせる役者さんとしては、この人の独自っぷりはすごいなぁと、いつも思うわけなんですね。

で、この人はきっと「善」も「悪」も「賢」も「愚」も、キチンと演じ分けられるだけじゃなくて、そういう要素を全部持った役でも演れると思うっていうのかな、そういう複雑な存在感に対応できる演技者としての底ヂカラを持っている気がします。

実は色んな役ができて、更に脚本の中に描かれていないディティールを自分のスタイルで展開できる俳優として、僕はこの人がとても好きなわけですが、多分そういう風に感じている人は意外と多いんじゃないかと秘かにニラんでいます。

f:id:mitosuzukita:20190622154832j:plain

 

蒼井優のビジュアル的な解釈【ハジケるような「陽」の役を観たいと思う】

 

今回の結婚発表には僕も驚きました。「あさチャン」見ながら「えっ!」って声が出ましたから。でも、その後の会見場面とか見ると何かこう納まりのいい組み合せだったような気もしました。

この人を僕が最初に認識したのは、長瀬智也岡田准一の組み合せ(今思うとすごいな)でTBSでやっていたドラマ「タイガー&ドラゴン」での原宿のショップ店員役だったと思います。この店を経営している岡田准一に「うっせーブス!」とかいわれて「ブスじゃないもん!」みたいなやり取りがとても印象的に残っています。

その後も映画「フラガール」とか「るろうに剣心」とか大河ドラマ龍馬伝」とか、あとテレビコマーシャルなんかでも、よく見たと思うのだけど、だんだん落ち着いてしっとりした役をこなすようになってきたような気がします。

とても美人だし表情は大きいし、あと何より笑顔がとてもいいので多分コメディ寄りの作品でもすごくハマるような気がするっつうか、しっとり路線はもっと歳を取ってからにして、陰と陽でいうとハジケるような「陽」の役のこの人を観てみたいなぁと思うのは僕がやっぱり「タイガー&ドラゴン」で観た印象が最初にあるからなのかなぁ。

ただ、しっとりとちょっと哀しげみたいなトコが定位置になっちゃうのは、まだまだ早過ぎっていうか、そういう役柄のポジションなんかも影響して、この人のパブリックイメージが分類されているような気はするかも。

あれだな、きっとおじさん達がそういう役を演らせたがるんじゃないかな。なんかそんな気がするかも。

ただ、それだけ高性能な女優さんだって事でもあると思うんですけどどうすか?

って誰に聞いてるんだろ。

とにかく最近少なかった、なんか感じのいいニュースだと思うんです。

f:id:mitosuzukita:20190609171817j:plain

草刈正雄のビジュアル的な解釈 【年齢を重ねても目減りしない本物のハンサム】

今のNHKの朝ドラ「なつぞら」で、おじいさん役を存在感たっぷりに好演しているこの人は、やっぱり本物のハンサムだなぁと思います。

これは日本の芸能史の変革といってもいいとすら思うのだけど、ハンサムの定義って長い事「若い」が必須要件になっていたところに、この人が「ハンサムなおじいさん」を提示して見せてくれたことで、同じように「美人」の定義すらも変化してきいるっていうのかな、要は「美人なおばあさん」もアリになってきている(実際居るし)ことにも気づかせてくれたっていうんでしょうか。

これって多分、観る側の美意識の進化とかももちろんあると思うのだけれど、当事者でもある役者さん達の一部にも「若さにしがみつく必要はないのだな」みたいな意識の変化があったんじゃないかと思うんです。

年を取る事による外見的な変化は自然な事で、それを別にネガティブにとらえる必要もないっていうか、無理して「おにいさん」や「おねえさん」に見られる事に固執しなくてもいいっていうのを、こういうキャリアのある役者さんが示してくれると世の中の「若さ至上主義」の裏側にある「年を取る事への恐れ」みたいなのを随分と緩和してくれるような気がします。

ただ、これって奥の方に大事な事が隠れていて、おじいさんって単に「おにいさんの衰えた版」なわけではなくて、年を重ねた事による何かが付加されていないと、きっとダメなんじゃないですかね?その何かが用意できないから取りあえず「若さ」にしがみついておく、みたいな人が発生したりするんじゃないかと、この人を観ていて思いました。多分、ひそかにこの人に憧れている中堅俳優とか結構いるんじゃないかな。 

なんかそんな風に、この人は年を取る事がマイナスになっていない本物のハンサムだと思うわけです。

f:id:mitosuzukita:20190602135130j:plain