デザイン観測

デザインもの(乗り物関係が多くなるのかなぁ)について書いたり描いたりして自分なりに理解していく備忘録的な感じです。絵は15分以内で描くのをゆるいルールにしてます。あ、面白ハンコ屋さんの中の人です。http://www.hankopla.net

ダウンタウンのビジュアル的な解釈【局面に対応する性能】

だいぶ昔の話ではあるのだけれど、この人たちには仕事で2~3回お会いした事があって、とても嬉しかったのを覚えています。
その頃は、まだ現•吉本興行社長の岡本さんがマネージャーで松本さんがツヤ消し黒のカマロ、浜田さんが茶色のセドリック(多分)かなんかに乗っていたような気がします。
当時から僕はこの人たちがとても好きで、なんかこう「笑い」のフェーズをガラっと変えちゃうチカラを発散している感じがしたというか「面白い」という事の定義を新しく作り出すようなオリジナリティとか体幹筋の強さみたいなものを感じていたわけなんですね。
なんていうか、それ以前はざっくりいうと「笑い」って「滑稽」の要素を主成分にするのが王道とか主流だった気がするし、今もその流れ自体はしっかり残っているとも思うのだけれど、この人たちには、そういう方向のいわゆるギャグとかキメのフレーズを使わずに笑いを展開できる足腰の強さみたいなものがあって、そりゃフリートークとかMCとか局面に対応する性能が飛び抜けているわけなんだなぁと思いました。

あと、そんな名刺代わりのギャグとかフレーズみたいなものを全然持っていない一方で、この人たちから浸透した言葉が今や沢山ある気がするのだけど例えば「寒い」とか「滑る」とか「ドヤ顔」とか、あと今やすっかり標準語化している「めっちゃ」とかも僕の観測ではダウンタウンが発生源だった気がするので、そういう意味でも、この人たちが時代とか文化にもたらした影響ってとても大きいし、そういうあれこれのおかげで「笑い」のストライクゾーンっていうか観る側の受信力を拡げてくれた感じが僕なんかはするんですね。

あ、仕事でご一緒した時のエピソードは僕がいつかノーベル賞かなんかを受賞してワイドナショーとかにゲスト出演した時に、あれこれ尾ひれ尾を付けてお話ししたいなぁと思っています。3000年くらいかかるかも知れないけれど。

 

仲野太賀のビジュアル的な解釈【エキセントリックも普通も】

この人を初めて認識したのはドラマ『ゆとりですがなにか』で「ゆとりモンスター」をものすごく強烈に提示していた時で、あの役って程度の差こそあれ「そういえば、あれ的な人は確かにいるよなぁ」っていうキャラクターをストーリーの中にリアルに出現させた最初の試みだった気がするのだけど、それ以前にはテレビドラマに、ああいうタイプの存在って多分登場してしなかったと思うので、きっと参考になる前例とかサンプルなしで台本を読み込んで自分で考えて役作りしたんだと思うわけなんですが僕は即座に「すげーな!」とか「タダモノじゃねーな!」と感服しましたよ。
その後、色々な作品に出ているのを観るようになったわけだけれど、なんていうか役者さんて役の守備範囲っていうのかな、要は受け持つ領域が決まってくるような気がするのだけど、この人の場合は「にくたらしい人」でも「すごくいい人」でも、その背景に「得体の知れなさ」とか「切なさ」とかをリアルに配合させて幅広く深く対応できるチカラがあるっていうのかな、とても巧い俳優さんだと思うわけなんです。
 林 遣都さんとダブル主演する今期のドラマ『初恋の悪魔』でもそれは見事に発揮されていて、主要登場人物の中で一番平凡なのに中心となる難しいキャラクターをガシッと際立たせていると思うんですね。実は平凡な人ってきっと一番むずかしいと思うし。
そういうのって「台本の読解力」とか「物語りが要求するキャラクターへの感受性」とか「それを実体化させる技術」とか、あとやっぱり「俳優としてのプロ意識」みたいなのが必要なやつだと思うのだけど、この人はその辺を「全部のせ」できている役者さんなんだと思うわけなんです。
あ、僕は坂元裕二さんが脚本を書くドラマに好きなのが多い(カルテットとか大豆田とわ子と三人の元夫とか)のだけど、素晴らしい脚本って楽譜みたいなもので、いいプレーヤーがどう解釈して演奏するかで出来映えが大きく違ってくるんような気がするんですね。
そういう「いいプレーヤー」のひとりのポジションにこの人は居るような気がするんだけど、どうすかね?

 

水野美紀のビジュアル的な解釈【美人女優なのに男前】

実は今期は観ているドラマが少なくてネタに困り気味だったわけですが、日本テレビの『探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~』だけは毎回しっかり観ています。
第一作目の『探偵が早すぎる』の時からとても気に入っていたドラマで、その時に主演の滝藤賢一さんと広瀬アリスさんは描いたのだけど、やっぱりもう一人の主役といってもいいこの人を描かないわけにはいかないんじゃないかとあらためて思ったわけなんです。
このドラマのこの人は特に受け持ち範囲が広くて普段の無表情から顔芸に近いハジけた表情とアクションシーンまでガッチリこなしていて「静と動」のレンジがやたらと広い難しい役に鮮やかに対応していると思うんですね。いってみれば「静寂から激動」くらいの持ち場だと思うわけです。
そういう役をガシっとこなせる役者さんって相当希有な存在で、演技者としての性能と覚悟が特別な感じなんじゃないかと思うんですね。
要は間違いなく美人女優の一人だと思うわけですが、単に美人役ってトコに留まらないっていうのかな、いわゆる「美人で優秀」とか「美人でしっとり」とかもできる一方で「美人」を軸にしないブっとんだ役にも対応できるチカラって、特にこういうキャリアも実績もある女優さんの中でも群を抜いている気がします。
あと、やっぱり画面のおさまりっていうのかな、シリアスにもコミカルにも持ち場がありながら一貫した存在感があるでしょ。
なんかこう、この人が出るとストーリーの格が上がる感じがするし出演作にハズレがないというか良作の目印的な女優さんになっているような気がするわけなんです。

 

青木真也のビジュアル的な解釈【物語りを紡ぐ人】

僕はこの人が好きで、先日シンガポールで行われたONE Xでの秋山成勲選手との試合は生まれて初めてのABEMAペイパービューで観ました。
長い事、日本の格闘技を観てきた人にとってはビッグマッチだし、ひとつの区切りになる試合だし、とにかくこれはキチンとオンタイムで観たいと思ったわけなんです。そういう操作がからきし苦手な僕はABEMAのPPV登録にはちょっと緊張したんですけどね。

試合結果について触れるのは野暮だと思うわけですが、僕はオリンピックなんかを観て時々思うだけど成績が良くないと責任を感じてなのか謝っちゃったりする選手がホントに気の毒なんですね。精一杯努力して舞台に立ってベストを尽くしたなら、それでOKだし、もし不運とか悔しさとかがあってもそれは選手本人のものだと思うっていうのかな、要は誰かに謝る種類のものとは違う気がするわけなんですね。
特に格闘技は正に勝つか負けるかの勝負で、一発でひっくり返る事もあるわけだし試合が始まれば局面ごとの有利/不利はあっても最終的な勝敗確率は常に50/50だと思うので僕としては、この人の試合というより生き方の「いちシーン」を観られるのが一番重要だったので大いに満足だし水モノとしての勝負のあり方を示した「お金を払って観るにふさわしいもの」だったと思います。

今やプロ選手として素晴らしい戦績とキャリアの持ち主だけれど、それをコツコツ積み重ねてきた感じが僕なんかにはとても刺さるしプロってもちろん勝ち負けも大事だけれど、やっぱり選手としての物語りを観たいと思わせる求心力っていうのかな、そういうのがこの人の場合とても濃くて、そこがこの人の格闘技選手として強さと同じくらい大きな価値なんじゃないかと「ヨカタ」の僕なんかは思うわけなんですよ。
ただ、好きで得意なことをコツコツ続けて大きな舞台で確固たる結果を出してきたという事実はものすごい説得力だし、そのための日々の努力の積み重ねとかはヨカタにもキチンと伝わるというか励みにもなるので、この人の価値はちょっとやそっとでは目減りしない本質的なもののような気がするというか、少なくとも格闘技選手の中では特に異質な個性だと思うわけなんです。

そんなわけで僕はまだまだこの人の生き方を観ていきたいなぁと思っているわけなんです。
noteに書いている文章も素晴らしいし。

f:id:mitosuzukita:20220409173430j:plain

 

ロコ・ソラーレのビジュアル的な解釈【まぶしいし、うらやましい】

実は、テレビでスポーツを観る習慣がほとんどないわけなんですが今回のオリンピックは結構観ました。
やっぱり時差の影響が少ない地域のオリンピックは観やすいんだなぁと実感した大会でしたよね。
中でも、女子のカーリングはテレビをつけたらちょうど予選の二試合目が始まるタイミングだったので、なんとなく観始めたらグイグイ引き込まれて「これはすげー面白い競技なんだなぁ」と正に手に汗握りながら観戦していました。解説の人の話を聞いてルールとか戦術とかが少しわかってくるとスポーツとしての深さと同時に将棋とか囲碁みたいな知的な要素に気づかされたりして、それらを総合的に展開してバシッとハマった時のカタルシスっていうのかな、正に「おおっ!」となるのが魅力なんだなぁと、すっかりその後の試合の日程をチェックするくらいのニワカファンになりました。
あと、何より代表チームのこの人たちの感じの良さっていうか求心力っていうか「引き込むチカラ」みたいなものが、狙って発散している感じじゃなくてナチュラルにカーリングが好きで、それに丁寧に真摯に取り組んでいる結果醸し出されているのがすごいなぁと思うわけなんです。

それを強く感じたのは、てっきり予選敗退かと思って受けていた取材中に一転して決勝進出が告げられた時に、それまでちょっと泣いていた涙がまだ出ていながら「やった、あと二回できる!」とつぶやいたシーンで、この人たちはホントにカーリングが好きなんだなぁと思いましたよ。

なんかこう、僕も含めた多くの人にとって、心から信頼できる仲間と好きな事を思いっきりやっているというのがまぶしいし、うらやましいし、そういう「ありたき姿」を国際的な大舞台で示してくれたのが、みんなホントに嬉しかったんじゃないかと思うわけなんです。

ボーリングの最低スコアが33点の僕でさえ、やってみたくなったし。カーリング

f:id:mitosuzukita:20220223130400j:plain