デザイン観測

デザインもの(乗り物関係が多くなるのかなぁ)について書いたり描いたりして自分なりに理解していく備忘録的な感じです。絵は15分以内で描くのをゆるいルールにしてます。あ、面白ハンコ屋さんの中の人です。http://www.hankopla.net

青木真也のビジュアル的な解釈【物語りを紡ぐ人】

僕はこの人が好きで、先日シンガポールで行われたONE Xでの秋山成勲選手との試合は生まれて初めてのABEMAペイパービューで観ました。
長い事、日本の格闘技を観てきた人にとってはビッグマッチだし、ひとつの区切りになる試合だし、とにかくこれはキチンとオンタイムで観たいと思ったわけなんです。そういう操作がからきし苦手な僕はABEMAのPPV登録にはちょっと緊張したんですけどね。

試合結果について触れるのは野暮だと思うわけですが、僕はオリンピックなんかを観て時々思うだけど成績が良くないと責任を感じてなのか謝っちゃったりする選手がホントに気の毒なんですね。精一杯努力して舞台に立ってベストを尽くしたなら、それでOKだし、もし不運とか悔しさとかがあってもそれは選手本人のものだと思うっていうのかな、要は誰かに謝る種類のものとは違う気がするわけなんですね。
特に格闘技は正に勝つか負けるかの勝負で、一発でひっくり返る事もあるわけだし試合が始まれば局面ごとの有利/不利はあっても最終的な勝敗確率は常に50/50だと思うので僕としては、この人の試合というより生き方の「いちシーン」を観られるのが一番重要だったので大いに満足だし水モノとしての勝負のあり方を示した「お金を払って観るにふさわしいもの」だったと思います。

今やプロ選手として素晴らしい戦績とキャリアの持ち主だけれど、それをコツコツ積み重ねてきた感じが僕なんかにはとても刺さるしプロってもちろん勝ち負けも大事だけれど、やっぱり選手としての物語りを観たいと思わせる求心力っていうのかな、そういうのがこの人の場合とても濃くて、そこがこの人の格闘技選手として強さと同じくらい大きな価値なんじゃないかと「ヨカタ」の僕なんかは思うわけなんですよ。
ただ、好きで得意なことをコツコツ続けて大きな舞台で確固たる結果を出してきたという事実はものすごい説得力だし、そのための日々の努力の積み重ねとかはヨカタにもキチンと伝わるというか励みにもなるので、この人の価値はちょっとやそっとでは目減りしない本質的なもののような気がするというか、少なくとも格闘技選手の中では特に異質な個性だと思うわけなんです。

そんなわけで僕はまだまだこの人の生き方を観ていきたいなぁと思っているわけなんです。
noteに書いている文章も素晴らしいし。

f:id:mitosuzukita:20220409173430j:plain

 

ロコ・ソラーレのビジュアル的な解釈【まぶしいし、うらやましい】

実は、テレビでスポーツを観る習慣がほとんどないわけなんですが今回のオリンピックは結構観ました。
やっぱり時差の影響が少ない地域のオリンピックは観やすいんだなぁと実感した大会でしたよね。
中でも、女子のカーリングはテレビをつけたらちょうど予選の二試合目が始まるタイミングだったので、なんとなく観始めたらグイグイ引き込まれて「これはすげー面白い競技なんだなぁ」と正に手に汗握りながら観戦していました。解説の人の話を聞いてルールとか戦術とかが少しわかってくるとスポーツとしての深さと同時に将棋とか囲碁みたいな知的な要素に気づかされたりして、それらを総合的に展開してバシッとハマった時のカタルシスっていうのかな、正に「おおっ!」となるのが魅力なんだなぁと、すっかりその後の試合の日程をチェックするくらいのニワカファンになりました。
あと、何より代表チームのこの人たちの感じの良さっていうか求心力っていうか「引き込むチカラ」みたいなものが、狙って発散している感じじゃなくてナチュラルにカーリングが好きで、それに丁寧に真摯に取り組んでいる結果醸し出されているのがすごいなぁと思うわけなんです。

それを強く感じたのは、てっきり予選敗退かと思って受けていた取材中に一転して決勝進出が告げられた時に、それまでちょっと泣いていた涙がまだ出ていながら「やった、あと二回できる!」とつぶやいたシーンで、この人たちはホントにカーリングが好きなんだなぁと思いましたよ。

なんかこう、僕も含めた多くの人にとって、心から信頼できる仲間と好きな事を思いっきりやっているというのがまぶしいし、うらやましいし、そういう「ありたき姿」を国際的な大舞台で示してくれたのが、みんなホントに嬉しかったんじゃないかと思うわけなんです。

ボーリングの最低スコアが33点の僕でさえ、やってみたくなったし。カーリング

f:id:mitosuzukita:20220223130400j:plain

 

川島明のビジュアル的な解釈【面白タンクがデカい】

地頭がいいというか、コツコツ積み上げて磨いてきたというか、多分その両方でテレビを主戦場とする芸人さんの中で平場の能力が飛び抜けて高い感じがするのがこの人なわけですが、決して順風満帆なスタートではなかった(と思う)ラヴィットのMCでそれを鮮やかに見せてくれていると思います。
朝の帯番組って昔から「おじさんが出てきて私見をカマす」みたいな要素を配合した建て付けだった気がするのだけど、司会をするおじさんの常識って時代とズレちゃっている事も散見されるようになっちゃったり、時事ネタを扱うと各チャンネルで演者ちがいの同じ出し物になっちゃったりしがちなトコでラヴィットの立ち位置は独特で、そういうのナシで成立させているのが商品企画的にもヤルなぁと思うのだけど。それはこの人がMCをやっているからというのが大きいと思います。
なんかこう、話題とか笑いに対する「タンクがデカい」ので返しが的確で超素早いでしょ。それが共演者のコメントをキチンと活かすように適用できるので「場」全体がスカッとまとまるというか、損する人を作らないというか、そういう事ができる上で自身の高性能ぶりが滲み出る感じで、野球でいうと「走攻守」とか、格闘技でいうと「投打極」っていうのかな、そういうバランスとか強弱がズバ抜けていいっつうのかな、なんかそういう感じがします。
芸人さんて細分化が進んで「走」だけとか「極」だけとかに特化した芸風も増えてきている気がするのだけど、やっぱりテレビで残るのは、そんな風に総合力が高くて地頭が良くてコツコツ積み上げられる人なんじゃないかと思うんですよ。
一方、僕はこの人達の漫才もまだまだ観たいんですけどね。

f:id:mitosuzukita:20220213151232j:plain

 

深津絵里のビジュアル的な解釈【タイムレスでエイジレスの人】

引き続きNHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ」をしっかり観ていますが、僕は途中でヒロインが代わるシステムなのを知らなかったので驚きました。こういうスタイルはもしかしたら朝ドラ史上初めてなんじゃないですか?いや、そんなにたくさん観てきたわけではないので確信はないのだけど。
で、第二期主人公のこの人は、とにかくすごいなぁとあらためて驚いているわけですがキチンと瑞々しくて透明感があってキャスティングした人の性能の高さも含めてとても感服しました。
思えば僕はこの人のドラマや映画を結構観てきた気がするのだけれど、コメディエンヌ的なのからシリアスなのまで役のレンジが広い女優さんで、更になんていうかこう独特な気配をもって役を自分のモノにしていく感じっていうのかな「この人だからこそ成立している感」みたいなものを発散している感じがします。あ、あともしかしたらおでこを全部覆っている髪型は初めてじゃないかな?いや例によって確信はないのだけど。
とにかく僕にとっては「この人が出ているなら面白いに違いない」と思えるインジケーターというか目印になる女優さんの一人で、今回の「るい」または「サッチモちゃん」もガシっとモノにしているなぁと思うんですね。
それと僕の周りでは同意してくれる人が少ないのだけど今回の役のビジュアルはどこかヘップバーンみたいでしょ。
見た目的な部分だけじゃなくてタイムレスっていうかエイジレスな感じも含めて。

f:id:mitosuzukita:20220108140145j:plain

 

新年のごあいさつ【トラ年ということでトライアンフ•タイガーT100】

いやはや、軽い気持ちで始めたこのブログも今年で7年目に入ったみたいで自分で驚いています。特に成長とか進化みたいなものの実感はないのだけれど、これまで全然描いた事がなかった人物の絵を描くのがちょっと楽しくなってきたかもしれません。

とはいえ、やっぱり描き初めはバイクににしたいなぁと思い、色々考えたところトラ年ということでトライアンフにしました。しかもこれはタイガーっていうペットネームのやつだしピッタリだなと思ったわけです。

これは1950年代のT100っていう機種なので70年近く前のバイクになると思うのだけれど今のオートバイに繋がる「基本」とか「試行錯誤」のあれこれがキチンと見て取れてすげーなぁと思うし、いま見てもかっこいいと思うんですね。

きっとバイクに限らず、その時に真剣に考えて気合いを込めて作ったモノは普遍的な説得力があるというかビンテージになれるんじゃないかなぁなんて思うわけです。

いや、僕はこういうのが似合う大人にはまだなれていないのであれなんですけど。

と、そんな感じで今年もどうぞよろしくお願いしますね。

f:id:mitosuzukita:20211229163203j:plain